京都で法律問題を気軽に相談できる渡辺・玉村法律事務所です。
 HOME ≫利用法 ≫顧問契約 ≫相談方法 ≫地図 ≫事務所FAQ ≫What's new ≫リンク集
9.相続関係(Q&A集)



 遺産分割、寄与分、相続放棄、遺言の作成、遺言の執行など
法律相談は「相談の方法」をご覧ください ≫≫

タイトル部分をクリックすると、詳細ページに移動します。
Q.わたしの叔母は、特に保険金受取人を指定せずに、簡易生命保険をかけていましたが、その後亡くなりました。この保険をかけた当時は、私の母が生きていましたが、その後叔母より先に亡くなっており、叔母の親族は、姪である私だけです。
私は、叔母の相続人の立場で保険金を請求したのですが、郵便局から、「あなたは簡易生命保険法第55条第2項で定められている『遺族』に当たらないので、支払うことはできません。」と断られてしまいました。私は、保険金を受け取れないのでしょうか。

Q.「全部あげる」と遺言に書いてもらったのに、郵便局から「簡易保険の証券の受取人欄に名前が書いてない」と、支払拒否されました。

Q.相続分はどのくらいですか?

Q.生前に援助をしてもらっているときでも相続分は同じですか?

Q.亡くなった人の財産を増やしたり減るのをくい止めたり、介護した場合でも相続分は同じですか?

Q.私は3人兄弟の長男ですが、父と三男は既に亡くなっておりました。三男には娘と息子がいます。先日母が亡くなったのですが相続人は誰になりますか?

Q.分割協議がまとまりません。どうすればいいのでしょうか?

Q.生命保険金は遺産に入りますか?

Q.先日父が亡くなりました。父は遺言をしており、遺産は全部兄にやると書かれていました。私はまったく遺産をもらえないのでしょうか?

Q.父が多額の借金を抱えて亡くなりました。どうすればいいですか?



渡辺・玉村法律事務所 (京都の弁護士事務所、法律相談随時受付)

FAQ(Q&A集)−INDEX




Copyright (C) 渡辺・玉村法律事務所 2006-2014 All Rights reserved.