京都で法律問題を気軽に相談できる渡辺・玉村法律事務所です。
 HOME ≫利用法 ≫顧問契約 ≫相談方法 ≫地図 ≫事務所FAQ ≫What's new ≫リンク集
8-1.離婚に関する問題




Q.夫が家を出て、愛人と一緒に暮らしています。離婚をするにはどうすればよいですか?

A.夫と協議し、あなたから請求する慰謝料、財産分与、婚姻費用、子供の養育費と親権者等について合意ができれば、離婚届けに双方が署名して、市町村長に届け出ればよいのです。これを協議離婚といいます。


夫婦・親子関係(Q&A集)の INDEX に戻る



Q.協議しても合意に至らないときは、どうするのですか?

A.家庭裁判所に離婚調停の申立をします。調停期日に、あなたと夫の双方が出頭し、調停委員が双方から事情を聞き、慰謝料その他の事柄について、双方の合意ができるよう調整してくれます。合意ができれば、離婚成立の調停調書を作ってくれます。


夫婦・親子関係(Q&A集)の INDEX に戻る



Q.調停でも合意が成立しないときは、どうするのですか?

A.家庭裁判所に訴訟を提起します。その訴訟で、慰謝料その他の請求をし、裁判所が判決で離婚を命じ、慰謝料その他の事項を決定してくれます。


夫婦・親子関係(Q&A集)の INDEX に戻る



Q.財産分与とは何ですか?

A.夫婦が婚姻生活によって共同して築いた財産(実質的には共同財産)を、離婚に際し、清算し、分配することです。
分与(分配)の基準は、夫又は妻がその財産を築くにあたっての寄与割合(貢献割合)を考えて、決定されます。


夫婦・親子関係(Q&A集)の INDEX に戻る



Q.慰謝料はどのように決定されますか?

A.夫が愛人と一緒に住んでいること(婚姻破綻の原因)、婚姻期間、夫の資力等々を総合的に考慮して決定されますので、事情によって金額が異なることになります。具体的には、弁護士に相談して下さい。


夫婦・親子関係(Q&A集)の INDEX に戻る



トップへ

戻る



Copyright (C) 渡辺・玉村法律事務所 2006-2014 All Rights reserved.