京都で法律問題を気軽に相談できる渡辺・玉村法律事務所です。
 HOME ≫利用法 ≫顧問契約 ≫相談方法 ≫地図 ≫事務所FAQ ≫What's new ≫リンク集
4.債務返済関係(Q&A集)



 サラ金などに対する債務整理、過払金の返還請求、債務不存在の確認請求など
 ※ 利息制限法第1条の制限利息(下図参照)を超える利率の利息を支払っていた場合に、その超過部分を元本に充当するよう業者と交渉すること、およびこれによって元本が完済となっていた場合には、利息として支払う必要がないのに支払わされた部分について、業者に返還を請求すること

▼出資法と利息制限法で定められた金利▼
利息制限法で定められた金利
※「出資法」で定められた金利は上限利率が年29.2%の範囲内
※「利息制限法」で定められた金利は、元金10万円未満:年20%、
  10万円以上100万円未満:年18%、100万円以上:年15%

What's new!でも、この事例をピックアップしています。(2007/07/26)

【一部抜粋】
ここで大事なことは、「過払金」があるかどうかは、いまみなさんが分かるものではないと
いうことです。みなさんには未だ借金があるように見えても、実は借金はもう完済済みで、
さらに払いすぎていたのに知らなかった!」というのが、この「過払金」のわかりにくいところ
なのです。」

 
法律相談は「相談の方法」をご覧ください ≫≫

タイトル部分をクリックすると、詳細ページに移動します。
Q.グレーゾーン金利ってなんですか?

Q. グレーゾーン金利はどのようにしたら取り返せますか?

Q. グレーゾーン金利の返還には、どのくらいの費用がかかりますか?

Q. 過去のすべての貸借がわかっていないと依頼できないのですか?

Q. 利息制限法で計算し直しても、結局残債務があるときはどうなりますか?



渡辺・玉村法律事務所 (京都の弁護士事務所、法律相談随時受付)

FAQ(Q&A集)−INDEX




Copyright (C) 渡辺・玉村法律事務所 2006-2014 All Rights reserved.